その他の眼の病気

「見えない」「見えづらい」「目がおかしい」
小さな不安の原因を眼科受診でしっかり判断

加齢黄斑変性

50代以上の年代で最近増加傾向にあるのが眼底の中央にある黄斑部に障害が起こる「加齢黄斑変性」です。
症状としては、ものが歪んで見えたり、視野の真ん中が黒ずんで見えたり、進行すると色の判断もできなくなり、急激に視力が低下します。高齢者の失明原因の一つにもなっています。

原因は主に加齢による黄斑の老化現象だとされていますが、喫煙習慣や栄養状態の乱れ、遺伝なども関連しているといわれています。
急激に視力が低下する「滲出型」とゆるやかに症状が進行する「萎縮型」の2つに分けられ、それぞれで対処法が異なります。
薬剤を注射する「光線力学的療法」や「レーザー光凝固術」などで治療を行います。
これまで手術は不可能でしたが、医療技術の発達により現在その道も開けてきています。

アレルギー性結膜炎(花粉症)

アレルギー性結膜疾患の中でも特にお困りの方が多いのが「花粉症」です。
花粉症は患者さんの体質によって症状が現れる時期は異なりますが、最も多いのが春先のスギ花粉の時期です。
花粉症の主な眼症状は目のかゆみや異物感などで、ひどくなると日常生活にも支障をきたしてしまいます。
症状が悪化してからでは薬が効きにくいため、現在は花粉が飛散する約2週間前から抗アレルギー薬などを点眼するよう推奨されています。

春季カタル

上まぶたの裏にぶつぶつ(乳頭)ができ、激しいかゆみや痛みを伴う疾患です。
特に小中学生男子に多く見られます。
治療法としては、抗アレルギー点眼薬やステロイド点眼薬、免疫抑制剤点眼薬、重症例では結膜下注射や内服、さらには結膜乳頭切除術などがあります。

翼状片

鼻側の結膜(白目)が角膜(黒目)に侵入する疾患です。
外見上自ら発見しやすく、充血や異物感などの自覚症状もあります。
緊急性はなく、一般的には点眼薬による保存的治療を行います。
しかし、大きいものでは強い乱視が発生することがあり、また美容上の問題もありますので、根治手術が必要となります(当院でも翼状片手術を行っています)。

糖尿病網膜症

糖尿病で高血糖の状態が続き、網膜の毛細血管が障害されて眼底に出血する疾患です。糖尿病の発病後数年を経てから発症することが多く、初期段階の自覚症状に乏しいのが難点です。進行すると硝子体出血や網膜剥離を生じ、最悪の場合は失明に至ります。
発見が遅れると手遅れになる可能性もあるので、定期的に眼底検査を受けることが重要です。

飛蚊症

まるで蚊が飛んでいるかのように、目の前に塵状のものがチラつく症状です。
眼球内を満たしている透明なゼリー状組織「硝子体」の混濁が原因です。
生理的なものについては心配ありませんが、まれに網膜剥離や硝子体出血など重篤な疾患の兆候として現れることもあります。
念のために一度検査を受けることをおすすめします。