白内障

加齢に伴い増加する「白内障」は早期発見が重要
日帰り手術にも対応

白内障とは

眼球内の「水晶体」が混濁し、かすんで見えにくくなります(混濁の性状によって症状は様々です)。原因は「加齢」によることが多いのですが、放射線曝露や薬剤の副作用、代謝性疾患(糖尿病など)、アトピー体質、さらに先天性のものもあります。一般に加齢性の白内障については、女性の方が進行しやすい傾向があるとされています。

白内障の症状

このような症状は要注意です

明るい所ではまぶしくて、かえって見えにくい
光が散乱して放射状に見える
眼鏡の度数が急に変わった など

白内障の治療

初期の段階では進行を遅らせる点眼薬を使用することが多いのですが、根治するには手術が必要となります。
急激に悪化することはありません(例外もあります)が、手術後に再発することはありませんので、他の疾患の予防のためにも比較的早期に手術をしておくのが安心です。

白内障日帰り手術について

濁った水晶体を取り除き、人工眼内レンズを移植します。
手術所要時間は約15〜30分です。
眼球後部深くに十分な麻酔薬を注入しますので、術中術後も痛みはほぼありません。
手術後に眼帯をしますが、翌日受診時には眼帯は外しますので、すぐに良好な視力が期待できます(個人差があります)。
当院では、手術への恐怖心が拭えない患者さんに無理にお勧めはしていません。しっかりとした説明で不安を取り除きながら、ご本人が「手術を受けたい」というタイミングまでおつきあいして参ります。

 
 

白内障Q&A