2017.08.26更新

皆様こんにちは!広島県廿日市のわたなべ眼科です。
当院では、コンタクトレンズの処方を行っています。
そのため、コンタクトレンズを使ってみようかな?というまだ未使用の患者様も多くご来院されます。

そこでよく、学生の方ですと質問を受けるのが、
「コンタクトレンズって、何年生ぐらいではじめる人が多いですか?」
「コンタクトレンズって何歳から使えるのですか?」
というものです。

たしかに、この質問を親に投げかけても、今の子育て世代の大半の親御様の学生時代は、まだ使い捨てコンタクトレンズが一般的ではありませんでした。
そうなるとコンタクトを使うということは、そのケアもしっかりと行わなければならないとなりますから状況も違いますし、しっかりとした回答は得られないと思います。

当院で処方させていただいている学生の方々を見ていきますと、圧倒的に高校生からはじめられる方が多いです。
最近は使い捨てという便利さもあり、中学生も増えてきていますが、まだまだ少ないです。
小学生となるとほとんど使っていらっしゃいません。
コンタクトデビューは、このように高校生が圧倒的に多いです!

投稿者: わたなべ眼科

2017.08.17更新

皆様こんにちは!広島県廿日市のわたなべ眼科です。
本日は、結膜下出血についてお話をさせていただきたいと思います。
結膜下出血は、結膜下にある細く小さい血管が破れてしまうことで起こる出血です。その出血によって、白目で本来白い部分が真っ赤になります。
見た目的には、かなり痛々しい状況なのですが、実はこの結膜下出血、痛みは感じません。
ちょっと目がゴロゴロするぐらいです。
ですので、本人はさほど症状的につらくはないはずです。

この結膜下出血になる原因はいろいろあるのですが、そのすべてが日常的なことなので、患者様自身は「何もしていないのに・・・」とおっしゃることが多いです。
たとえば、咳やくしゃみなどのしすぎで結膜下出血になってしまうこともあります。
女性では当たり前の生理などが関係してくることもあります。
お酒の飲みすぎで、結膜下出血になってしまう方もいます。
また、疲労や寝不足が原因となることも多いです。

この出血ですが、自然完治が可能です。
おおよそ1~2週間ぐらいで収まってきます。
ただ症状がひどいと2~3カ月かかってしまうケースもあります。
そのため、通常は通院していただく必要はありませんが、中には別の病気であることもあります。
ご心配であれば一度、受診されることをおすすめします。

投稿者: わたなべ眼科

2017.08.10更新

皆様こんにちは!広島県廿日市のわたなべ眼科です。
8月夏本番です。
水分補給と休息をしっかりとって、体調ケアをしていきたいと思います。

40歳代に入ると、老眼がはじまります。
はじまる年齢に関しては個人差がありますが、老眼にならない人はいません。
つまり元気に歳を重ねるということは、必ず日常的に老眼鏡を使って生活をしていくことになります。
正確にお話をしますと、今は老眼もレーシック手術ができるようになっています。
レーシック手術が成功すれば、老眼鏡を使わなくてもよいということになりますが、老眼のレーシック手術はまだまだ新しく実績も少ない、いわば一般的なものではないので、老眼鏡のお世話になる方が大半になると思います。

でも「老眼鏡を使う」というと、急に老け込んだような印象を覚え、使用することに異常に抵抗を示す方も少なくありません。
私は思うのですが、この「老眼鏡」という響きがなんともよろしくないのではないでしょうか?
そうなのです!そこで最近では英語で「リーディンググラス・Reading glasses」と呼ぶのが流行っています。
この表現でしたら、オシャレです。

投稿者: わたなべ眼科

2017.08.03更新

様こんにちは!広島県廿日市のわたなべ眼科です。
さて、今日は白杖についてご説明をさせていただければと思います。
「白杖=はくじょう」と読みます。
視覚障がい者および視野障がい者が使う杖です。
身体障害者手帳に該当する視覚障がい者および視野障がい者は、外を出歩くとき携帯することが義務付けられています。
そして車の運転をする者には、障がいがある方が白杖を携えて歩行されているときは、その歩行・通行を妨げてはいけないと法的に決められています。
つまり、視覚および視野に障がいがある方々にとっては、安全に歩行・移動するために重要なものです。

車からの安全を守られるだけではありません。
道路や周辺の情報や変化を入手する手立てであり、自分の状況を周囲の方々に知っていただくアイテムでもあります。
とても大切なものなので、その必要性が出た場合は、わたなべ眼科で身体障害者手帳の診断書を書かせていただきますので、申請なさってください。
病気やケガなどで白杖が必要になるだけでなく、高齢化社会において近年は加齢によって白杖が必要な目の状況になる方も増加しています。

投稿者: わたなべ眼科